スマートフォンの「AQUOS PHONE Xx 206SH」

“驚きの描写力を実現させた高精細大型液晶ディスプレイを搭載し、傾斜が美しいスラントラインや持ちやすさを追及したラウンドフォルムを採用しているスマートフォンが「AQUOS PHONE Xx 206SH」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブルー、ラスターホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約140ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約159gといった薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはAPQ8064TデュアルコアプロセッサでメモリはRAMは2GB、内蔵ストレージは32GBで最大64GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3080mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、手ぶれ補正がついた約1310万画素のメインカメラと約207万画素のインカメラが搭載されています。”

Make a comment

スマートフォンの「DIGNO R 202K」

“片手で持ちやすいコンパクトサイズに見やすい大型液晶ディスプレイを搭載し、騒がしい場所でも聞きやすいスマートソニックレシーバーや薄暗い場所でも明るく綺麗に撮れる高性能カメラなども搭載しているスマートフォンが「DIGNO R 202K」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはターコイズグリーン、ピンク、ホワイト、ブラックの4色が用意されており、ボディサイズは幅約60ミリ、高さ約122ミリ、厚さ約10.4ミリ、重さ約94gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8960デュアルコアプロセッサでメモリはRAMは1.5GB、内蔵ストレージは16GBで最大64GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4.3インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは1800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンには約810万画素のメインカメラと約32万画素のインカメラが搭載されています。”参照先URL

Make a comment

スマートフォンの「FTJ141BSP-nico」

“どこでも見やすい大型液晶ディスプレイやサクサク動く高性能CPUを搭載し、一日中安心して使用することができる大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「FTJ141BSP-nico」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ブラック、シャンパンゴールドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約158gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMT6582クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで32GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは安心の2000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、オートフォーカスがついた約800万画素のメインカメラとフラッシュライトがついた約200万画素のインカメラが搭載されています。”

Make a comment

スマートフォンの「Xperia Z3 SOL26」

“アルミ板から削り出したメタルフレームを採用しているので美しさを実現させており、更には狭額縁設計で一体感を演出しているスマートフォンが「Xperia Z3 SOL26」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ブラック、カッパー、シルバーグリーンの4色が用意されており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約147ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約154gといった薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8974ACクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで128GBまで増やすことが可能です。
ディスプレイは約5.2インチフルHDトリルミナス液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは終日安心な3100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、光学式手ぶれ補正やオーフォーカスがついた約2070万画素のメインカメラと約220万画素のインカメラが搭載されています。”

Make a comment

スマートフォンの「AQUOS Xx2」

“耐久性がある特殊強化ガラスを背面に採用し、3日間超えの大容量バッテリーや高いパフォーマンスを発揮する高性能CPUなども搭載しているスマートフォンが「AQUOS Xx2」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはパープル、ホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約138ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約150gです。
CPUはMSM8992ヘキサコア2.0GHzを搭載していてRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで200GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5.3インチIGZO液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはハイスピードオートフォーカスがついた約1310万画素のメインカメラと広角レンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンにはグリップマジックがついていますので誰にでも便利です。”スマホ充電

Make a comment

スマートフォンの「FTJ152D-Kiwami」

“CNC精密加工によって輝きを引き出すサイドエッジを実現させており、高性能カメラや大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「FTJ152D-Kiwami」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約82ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約182gです。
CPUはMT6795オタクコアプロセッサでメモリはRAM3GB、内蔵ストレージは32GBで128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約6インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは取り外し不可能な3400mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはソニー製の6層レンズがついた約2100万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンには指紋認証センサーや便利なスマートジェスチャー機能がついています。”

Make a comment

2500mAhの電池持ちはどのくらいが平均?

新しいスマホを検討中の方で、バッテリー容量が気になる方は多いと思いますが、実際に使うとなるとどのくらいの時間、充電がもつのか?通話をよくする方にとっては、どのくらい持つの?と気になるでしょう。実際に2500mAhの容量があるスマホであれば、基本的に電池の持ち時間はおよそ120時間、LTE回線での連続通話が850分、家族や友人とのビデオ通話でも約390分の通話が可能です。これだけあれば、外出中はもちろん、旅行先でもバッテリー容量を気にせう通話を楽しんだり、ビデオ通話で旅行先の状況を伝えることが可能です。今はandroidスマホも種類が沢山あり悩んでしまう方も多いと思いますが、バッテリー容量が2500mAh以上あれば、一度の充電で十分に使えるので参考にしてみてください。ちなみにバッテリー容量で選ぶなら、「Xperia XZ3」もおすすめです。こちらはなんと3200mAhあるので文句なしですね。是非こうした点も参考にして選んでみてくださいね。

Make a comment

最新トレンドを凝集した「ASUS ZenFone MAX Plus」

“販売当初は29800円で購入できるスマートフォンとして、一躍トレンド入りしたスマートフォンがASUS ZenFone MAX Plusです。
ASUS ZenFone MAX Plusの大きな特徴は、最新トレンドを凝集しているところにあるため、以下のような機能が何度も注目されました。ASUS ZenFone MAX Plusは、4130mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、長時間の駆動であってもヘタれる心配が小さいです。
しかも、ASUS ZenFone MAX Plusは、標準や広角のデュアルレンズがメインカメラとなっているため、写真撮影などの機能を余すことなく用いられるのです。
ASUS ZenFone MAX Plusは、18:9の5.7インチ縦長ディスプレイとなっており、正確には1080×2160ドットのディスプレイを使えます。しかも、ASUS ZenFone MAX Plusはディスプレイが細長く、そのおかげでディスプレイサイズの割りに持ちやすいのも利点でしょう。”

Make a comment

スマートフォンの「ZenFone Max」

“大容量バッテリーに加えてモバイルバッテリーとしても使うことができ、プロ並みの写真が楽しめる高性能カメラなども搭載しているスマートフォンが「ZenFone Max」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラックとホワイトの2色が用意されており、ボディサイズは幅約77ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約5.2ミリ、重さ約202gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン410クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで、バッテリーは急速充電に対応した5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、カメラはレーザーオートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには落下衝撃に強いゴリラガラスが採用されていますので安心して使用できるでしょう。”

Make a comment

画面が割れにくいスマートフォン「京セラ DIGNO A」

“スマートフォンだけでなく、今では身近なものの強度が改善されるようになりました。
その中で有名になっているものが、ガラスやディスプレイの強度です。スマートフォンの場合、京セラのDIGNO Aが有名になっているのですが、それは、DIGNO Vの後継モデルにあたるという理由だけでなく、落としても割れにくいスマートフォンの1台だからです。
補足となりますが、ガラスやディスプレイの強度というのは、キャリアによってかなり違ってくるので注意してください。京セラ DIGNO Aは、スマートフォンの割れも研究しているため、その研究成果が活かされているだけです。
しかも、これほどの機能が追加されているのに、京セラ DIGNO Aは、前機種DIGNO Vモデルよりも容量、重さが改善されています。使いやすく持ちやすい、壊れにくい最新機種のスマートフォンを探しているのであれば、京セラ DIGNO Aを持つようにすると良いかもしれません。”スマホ充電

Make a comment