高齢者におすすめのスマホの選び方とは?

“今やスマホは1人1台の時代です。小さいお子さんから高齢者まで多くの人がスマホを保持しています。高齢者の中にはスマホの使い方に慣れていない人も多いでしょう。ここでは高齢者におすすめのスマホの選び方についてまとめてみましょう。
【高齢者が使いやすいスマホの共通点とは?】
高齢者でも使いやすいスマホはどのような共通点があるでしょうか?ここでは高齢者でも使いやすいスマホの3つの条件を紹介しましょう。
<1.画面が見やすい>
高齢者の場合、スマホの小さい文字が見にくい場合があります。そのため画面の見やすさは重視したい条件の1つ。画面が大きいものであれば、表示される文字が大きくなるので見やすくなるでしょう。また高齢者でも見やすいフォントや画面の明るさについても意識しましょう。
<2.操作が簡単>
スマホはガラケーと異なりボタンは少なく、どこを押せばよいか分からない…というケースも多いです。そのため、主要機能である「電話」「メール」「ホーム画面」がシンプルで、分かりやすい位置にあるものがおすすめです。
<3.持ちやすい大きさ>
スマホはガラケーよりも大きく、高齢者では持ちにくい…という機種もあります。大きすぎる機種だと落としてしまう可能性もあるので、実際に持ってみるのがおすすめ。また落とした際に、壊れにくい仕様の機種の方が安心です。
【高齢者のスマホを選ぶポイントとは?】
高齢者のスマホを選ぶポイントをまとめてみましょう。
<画面が見やすく操作しやすいかどうか>
スマホはガラケーに比べるとディスプレイ自体は大きいですが、機種によって画面の大きさはまちまちです。スマホは画面を直接タップして操作するので、文字が見やすいことや操作しやすいことが、選ぶポイントとなるでしょう。
高齢者向けのスマホであれば、あらかじめ大きな文字に設定されていて、拡大機能が搭載されているものもあります。購入する前には、実際に手にとってみて、画面が見やすくて操作しやすいかどうかをチェックしましょう。
<サポート体制は充実しているかどうか>
スマホはガラケーと操作方法が違います。また機能もガラケーに比べて充実しているので、複雑に感じてしまう高齢者も多いです。そのため、操作の方法、設定の方法などが分からなかった時に、すぐに質問できるサポート体制が充実しているかどうか?はスマホを選ぶ際の大きなポイントとなるでしょう。携帯電話各社で、サポート体制には違いがあるので、サポート体制が充実している携帯電話会社を選んだ方が安心です。
サポート内容は携帯電話会社ごとに異なり、オペレーターによる電話サポートや訪問サポートなどがあります。高齢者用のスマホの中には、あらかじめ専用ボタンが配置されていてそのボタンを押せば、ワンタッチでオペレーターにつながるようになっているものもあるので、とっても便利ですよ。
オンラインだけのサポート体制よりも、実際に店舗に行って相談できる方が安心です。家から近い場所にキャリアショップがあれば相談しやすいでしょう。
<リーズナブルで分かりやすい料金プランかどうか>
スマホを利用する場合、端末代金の他にも通話料金やデータ通信料が必要です。携帯電話会社ごとに料金プランは異なるので、高齢者のスマホを選ぶ際には、リーズナブルで分かりやすいものを選ぶのがよいでしょう。
料金プランによっては、電話し放題のプランや、一定時間内の国内通話分が含まれているものもあります。月々のデータ容量に関しては、データ容量が多くなればなるほど、月額料金は高くなります。利用状況を整理して適切なプランを選ぶようにしましょう。
スタッフに言われるがまま、希望しないスマホ契約するケースも高齢者では多いです。スマホの機種や契約内容に関してはしっかりと確認するようにしましょう。余計なオプションやセット契約などを付けられる場合もあるので、その場で契約せずに家族などに確認してもらうと安心です。
<身近な家族がスマホの操作を教えられるかどうか>
高齢者向けのスマホを多く展開しているのはAndroidになります。しかし操作を教える家族がAndroidではなく、iPhoneユーザーの場合、操作方法がよく分からない…という場合もあります。身近な家族がスマホの操作を教えられるかどうかも選ぶ時には気を付けるべきでしょう。”

Make a comment

マルチな使い方に対応している「Samsung Galaxy Z Fold3 5G」

“防水スマホの中でも、あらゆる機能を秘めているスマートフォンが欲しい場合は、「Samsung Galaxy Z Fold3 5G」を購入されたほうがよいでしょう。Samsung Galaxy Z Fold3 5Gなどgalaxyシリーズは、長年にわたりトップシェアを誇るスマートフォンとして人気で、多機能、高性能の両面を併せ持っています。
また、防水スマホとしてもSamsung Galaxy Z Fold3 5Gは使えるのですが、Samsung Galaxy Z Fold3 5Gは「折り畳みディスプレイ構造」となっているので、コンパクトなスマートフォンを求めている場合は、中々Samsung Galaxy Z Fold3 5Gよりよいものは見つからない可能性があります。
このようにgalaxyシリーズは「Sペン」を搭載しているモデルがあったりと、最新の機能が搭載されているところがユニークです。Samsung Galaxy Z Fold3 5Gの場合、折り畳みディスプレイ構造でスマート化できるメリットがあるだけでなく、実は、スマートフォン&タブレットとして使い分けることも可能になっています。
そのほかのSamsung Galaxy Z Fold3 5Gの特徴ですが、Samsung Galaxy Z Fold3 5Gのリフレッシュレートは「120Hz」となっておりますので、動きの激しいアプリゲームをプレイされる場合も満足できるでしょう。リフレッシュレートとは映像のなめらかさなのですが、今のところハイリフレッシュレートは「120以上」とされていて、ハイエンドモデルのスマートフォンになると簡単にリフレッシュレートが高まる・・・わけではありません。そのため、Samsung Galaxy Z Fold3 5Gはリフレッシュレートも評価されているのです。
Samsung Galaxy Z Fold3 5Gの防水スマホとしての機能ですが、有名なものでは「Corning Gorilla Glass Victus」を採用しています。これはIP8X級の防水機能があるため、防水スマホとして最新の性能を誇るものが欲しい場合は、Samsung Galaxy Z Fold3 5Gを選択されたほうが賢明です。というのも、いまのところ最新のスマートフォンでも、防水機能はIP7X以下であることが多いからです。IPの補足となりますが、数字が高いものほど防水機能が高いという意味になり、7XなどのXは水面下での使用が想定されている・・・という意味になります。
Samsung Galaxy Z Fold3 5Gの詳細スペックですが、「OSがAndroid 11、メインディスプレイは約7.6インチでDynamic AMOLED有機ELディスプレイ、解像度はQXGA+(1768×2208)、HDRあり、リフレッシュレートは120Hz」となりますので、Samsung Galaxy Z Fold3 5Gはハイスペックスマートフォンとしても評価できます。
Samsung Galaxy Z Fold3 5Gの処理性能ですが、「CPUがQualcomm Snapdragon 888、メモリ(RAM)は12GB、ストレージ(ROM)は256GB、バッテリー容量は4,400mAh、折り畳みディスプレイ時は約158×67×14.4mm、重量は約272g」となりますので、処理性能についても最新のパーツで構成されているスマートフォンです。
問題点をピックアップする場合は、Samsung Galaxy Z Fold3 5Gは重量が200gを超えているので、軽いスマートフォンとして長時間使用するのには不向きでしょう。”

Make a comment

5G対応スマホの「Xiaomi 11i HyperCharge 5G」とは?

“5Gは物理的な距離を縮めるエッジコンピューティングという技術を採用していますので、遅延が起こりにくくて自動運転や遠隔医療などの幅広い分野で活用できるのです。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「Xiaomi 11i HyperCharge 5G」という5Gスマホがあり、超高速通信が利用できる5G通信に対応した高性能CPUやカメラの撮影が苦手な人でも幅広いシーンで簡単にキレイな写真が撮れる高性能カメラ、色鮮やかで発色が良くてバッテリー消費が少ない高精細大型ディスプレイや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約42000円でRAM8GB/128GBモデルが約46000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約204gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはパープル、グリーン、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、リフレッシュレートが120Hzに対応してGorilla Glass5を採用していますのでどこでも安心して使用できると思います。
CPUはMediaTek Dimensity 920 2.5GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12.5)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”Samsung Galaxy S22

Make a comment

5G対応スマホの「OnePlus 9RT 5G」とは?

“5Gは4Gが進化した新しい通信システムのことをいい、超高速大容量通信や超低遅延、超多数同時接続といった特徴があります。
その5Gに対応しているスマートフォンは使いやすさを重視したものや高級感を重視したものなど様々な機種がありますが、その中の一つに「OnePlus 9RT 5G」という5Gスマホがあり、外出先でも長時間の動画視聴を楽しめる大容量バッテリーや美しい画像や映像を撮影できる高性能CPU、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイや負荷の高い3Dゲームでもサクサクと動作する高性能CPUなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約59000円でRAM8GB/256GBモデルが約62000円でRAM12GB/256GBモデルが約67000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約198gという握りやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグレー、グリーン、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.62インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約1600万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ColorOS 12)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャック、Dolby Atmosに対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Make a comment

5G対応スマホの「vivo X60t」とは?

“4Gスマホでは通信が不安定になることがよく起きていましたが、5Gに対応しているスマートフォンは多くの人が同時に接続しても不安定になることがありません。
その快適に楽しめる5Gスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「vivo X60t」という5Gスマホがあり、極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイや大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPU、多くのゲームで快適レベルで遊ぶことができる大容量バッテリーや綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約59000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約7.3ミリ、重さ約174gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオーロラとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2376×1080 でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1100 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+ポートレート撮影ができる約1300万画素+広角レンズがついた約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、光学式手ぶれ補正、ポートレートモード、パノラマモード、スローモーション撮影、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Origin OS 1.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Make a comment

5G対応スマホの「Xiaomi POCO F3」とは?

“5Gは4Gに比べて高性能な通信システムとなっており、そうしたこともあって4Gスマートフォンから5Gに対応しているスマートフォンに買い替える人も増えてきています。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Xiaomi POCO F3」という5Gスマホがあり、クオリティの高い写真を撮影することができる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリー、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや明るい場所でも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約46000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約196gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4520mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、パノラマモード、スローモーション撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12 for POCO)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”TOKYO2020いよいよ今日からです。詳しくはこちら

Make a comment

5G対応スマホの「realme Q2 Pro」とは?

“5Gがスマートフォンでも少しずつ活用されるようになっていますので、4Gスマホを使っている人の中には5Gスマートフォンに変えようか悩んでいる人もいるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「realme Q2 Pro」という5Gスマホがあり、暗いところでも綺麗な写真が撮れる高性能カメラや大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイ、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM8GB/128GBモデルが約29000円でRAM8GB/256GBモデルが約32000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約175gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグレーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUは MediaTek Dimensity 800U 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+ポートレート撮影ができる約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.5の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、電子式手ぶれ補正、HDR、スローモーション撮影、パノラマモード、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(realme UI)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”au

Make a comment

5G対応スマホの「vivo Y31s」とは?

“5Gは様々なデバイスでインターネットへ接続することができ、働き方を大きく変えるきっかけにもなります。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo Y31s」という5Gスマホがあり、どの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリー、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約28000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約185gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグラデーション、レッド、グレーの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2408×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 480 5G SM4350 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、ポートレート、プロモード、パノラマ、AIシーン検出、フェイスアンロック、HDR、スクリーンフラッシュ、プロフェッショナルモード、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、ビューティーモード、ハイブリッド光学ズーム、電子式手ぶれ補正、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Funtouch OS 10.5)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Make a comment

5G対応スマホの「OPPO Reno5 Pro 5G」とは?

“5Gを使うことで離れた場所にいる人とでもリアルタイム性の高いやり取りが可能になりますし、家庭にある家電などもインターネットに接続させることができますので多くの分野で注目されています。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「OPPO Reno5 Pro 5G」という5Gスマホがあり、高速充電を可能にした大容量バッテリーや大迫力の映像で楽しめる高精細大型ディスプレイ、3Dゲームなどでも快適に楽しめる高性能CPUやプロ並みの写真が簡単に撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドハイクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約55000円でRAM12GB/256GBモデルが約61000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約173gという薄型軽量コンパクトボディになっており、スターリードリーム、スターウィッシュレッド、オーロラブルー、ムーンナイトブラックの4色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4350mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応しています。
CPUはMediaTek Dimensity 1000+ 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3400万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ColorOS 11.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Make a comment

5G対応スマホの「realme 7 5G」とは?

“4Gスマホと5Gスマホの違いとなるのは通信速度と低遅延、同時多接続ですが、こうした特徴を実感するには5Gに対応しているスマートフォンを使わなければいけません。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「realme 7 5G」という5Gスマホがあり、薄暗い場所でも鮮明に映し出す高性能カメラやどのような角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイ、パワフルな大容量バッテリーやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約35000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約9.1ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約195gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glassを採用してリフレッシュレートが120Hzに対応しています。
CPUはMediaTek Dimensity 800U 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+ポートレート撮影ができる約200万画素+モノクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.1の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、光学式手ぶれ補正、レーザーオートフォーカス、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(realme UI)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Make a comment