5G対応スマホの「Galaxy A51 5G UW」とは?

“通信時の遅延が少なくて一度に多くの端末と接続させることができる5Gですが、技術の進歩によって効率よく利用できるようになりました。
ですので、5Gに対応しているスマートフォンが多くのメーカーから様々な機種が発売されるようになってきたのです。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Galaxy A51 5G UW」という5Gスマホがあり、高性能クアッドアウトカメラや急速充電対応の大容量バッテリー、高精細大型ディスプレイなどを搭載してミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約59000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約187gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、プリズム、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはGorilla Glass3を採用して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチSuper AMOLEDディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応していますのでゲームなどでも快適に楽しむことができます。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値2.0の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約1200万画素+マクロ撮影が可能な約500万画素+深度レンズがついた約500万画素のクアッドアウトカメラと、パンチホール式を採用してF値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、オートフォーカス、光学式手ぶれ補正、LEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、ナイトモード、HDRなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(One UI 2.0)でイヤホンジャックがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”詳しくはこちら

Make a comment

5Gスマホの「OnePlus Nord」

“4Gスマホよりも5Gスマホのほうが高速で通信しますので、5Gスマホを使う人が増えていますし今後も増えていくと思います。
それと5Gスマホは人が混みあっているところでもスムーズにインターネットを繋げることができますので4Gスマホから5Gスマホに乗り換える人もいます。
こうした5Gに対応しているスマートフォンは多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「OnePlus Nord」という5Gスマホがあり、ミッドハイクラスのアンドロイドスマートフォンで価格はRAM6GB/64GBモデルが約36000円でRAM8GB/128GBモデルが約41000円でRAM12GB/256GBモデルが約44000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約184gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、マーブル、オニキス、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはGorilla Glass 5を採用して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している4115mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはスナップドラゴン765GオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影が可能な約500万画素+約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素+広角レンズがついた約800万画素のデュアルインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはソニー製のIMX586センサーがついており、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、スーパーナイトモード、電子式手ぶれ補正、光学式手ぶれ補正などの機能がついています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(OxygenOS 10)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついています。”詳しくはこちら

Make a comment

5Gスマホの「vivo G1」

“スマートフォンで動画コンテンツなどを快適に楽しめる5Gは日本国内だけではなく海外でも盛り上がりをみせて幅広い用途で活用され始めています。
この5Gで実現できることと言えば高速大容量通信や超低遅延、多数同時接続といったことが挙げられます。
こうしたことを実際に体感するには5Gに対応しているスマートフォンが必要となりますが、その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「vivo G1」という5Gスマホがあり、企業や官公庁向けのミッドレンジアンドロイドスマートフォンとして約53000円から発売されています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約181gという誰でも扱いやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはExynos 9 Exynos 980オタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張可能です。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影が可能な約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、光学式手ぶれ補正、パノラマモード、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、4K動画撮影、ビューティーモードなどの機能がついています。
この他にはOSはAndroid 10(Funtouch OS 10)で顔認証センサーやディスプレイ内指紋認証センサーがついており、イヤホンジャックがついてデュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはセキュリティ機能が強化されて個人と仕事を分離するデュアルドメインシステムが搭載されており、スタンダードモデルと警備モデルが用意されています。”

Make a comment

5Gスマホの「HUAWEI nova 7 Pro 5G」

“5Gは日本国内だけではなく海外でも関心を集めており、高速大容量通信をいかしたダウンロードやアップロードなどができるとあって5Gに対応しているスマートフォンを使用する人も増えています。
大手キャリアでは5Gに対応したエリアやプランなども発表していますし、最新機能が搭載された5Gスマホなども数多く発売しています。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「HUAWEI nova 7 Pro 5G」というハイスペックモデルの5Gスマホがあり、日本国内では未発売ですが約57000円という低価格になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約178gという軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはパープル、オーロラ、グリーン、レッド、ブラックの5色が用意されています。
CPUはHisilicon Kirin 985オタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBで最大256GBまで拡張可能です。
高性能CPUを搭載していますので3Dゲームのような重たい動作でも快適に楽しむことができるでしょう。
ディスプレイは解像度1080 x 2340px(フルHD+)でアスペクト比19.5:9の約6.57インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは40Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはF値1.8明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+望遠レンズがついた約800万画素+マクロ撮影が可能な約200万画素のクアッドアウトカメラと、パンチホール式を採用してF値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素+超広角レンズがついた約800万画素のダブルインカメラが搭載されています。
また、ペリスコープ構造を採用していますので5倍光学ズーム、10倍ハイブリッドズーム、50倍デジタルズームに対応しています。
機能はレーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、光学式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、ビューティーモード、パノラマモード、ナイトモードなどがついています。
このような5Gスマートフォンはサイドにかけて湾曲デザインを採用していますので見た目でも満足させてくれる5Gスマホと言えるのではないでしょうか。”

Make a comment

Androidスマートフォン「moto G7」のスペック

“15分の充電で最長9時間分の充電ができる大容量バッテリーやブラッシュアップした3Dガラスデザインを採用し、1台のスマートフォンで2つの電話番号が使えるデュアルSIMスタンバイで高精細大型液晶ディスプレイなども搭載しているAndroidスマートフォンが「moto G7」です。
このAndroidスマートフォンにはクリアホワイトとセラミックブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約75ミリ、高さ約157ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約174gです。
CPUはSDM632オタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBで最大512GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約6.2インチフルHD液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは3000mAhです。
こうしたAndroidスマートフォンには約1200万画素+約500万画素のデュアルアウトカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。”

Make a comment

Androidスマートフォン「Reno 10x Zoom」のスペック

“色鮮やかさと鮮明なディティール表現を可能にした高性能カメラや正確かつ高速にロック解除できるディスプレイ指紋認証センサーを搭載し、指紋がつきにくいマット仕上げや安心の大容量バッテリーなども搭載しているAndroidスマートフォンが「Reno 10x Zoom」です。
このAndroidスマートフォンにはゴールド、シルバー、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約78ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約9.3ミリ、重さ約215gです。
CPUはSDM855オタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBで最大512GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載していてバッテリーは4065mAhです。
このようなAndroidスマートフォンには約4800万画素+約800万画素+約1300万画素のトリプルアウトカメラと約1600万画素のインカメラが搭載されています。”

Make a comment

Androidスマートフォンの「Xperia AX SO-01E」とは?

“手にしっくりと収まるアークフォルムや異なる質感とカラーの3層プレート構造を採用し、タッチ操作が快適な高精細大型液晶ディスプレイや多彩なエフェクトに対応する高性能カメラなども搭載しているAndroidスマートフォンが「Xperia AX SO-01E」です。
このAndroidスマートフォンにはピンク、ターコイズ、ホワイト、ブラックの4色が用意されており、ボディサイズは幅約65ミリ、高さ約129ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約120gです。
CPUはMSM8960デュアルコアプロセッサでメモリはRAM1GB、内蔵ストレージは16GBで最大32GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約4.37インチTFT液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは急速充電に対応している1700mAhです。
こうしたAndroidスマートフォンには約1300万画素のアウトカメラと約31万画素のインカメラが搭載されています。”

Make a comment

Androidスマートフォンの「HTC J」とは?

“シャープでスタイリッシュなサイドメッシュや丸みを帯びたラウンドフォルムを採用しており、高速処理で快適に楽しめる高性能CPUや思う存分楽しめる大容量バッテリーなども搭載しているAndroidスマートフォンが「HTC J」です。
このAndroidスマートフォンにはレッド、ホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約9.2ミリ、重さ約140gです。
CPUはAPQ8064クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで最大32GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約5インチスーパーLCD3フルHD液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは2020mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなAndroidスマートフォンには手ぶれ補正がついた約800万画素のアウトカメラと約210万画素のインカメラが搭載されています。”ギャラクシー生体認証

Make a comment

Androidスマートフォンの「FLEAZ F4S」とは?

“屋外でも視認性が高い高精細大型液晶ディスプレイや片手で操作しやすくてポケットにも収まる薄型軽量コンパクトサイズを採用しており、サクサク動く高性能CPUや安心して使用できる大容量バッテリーなども搭載しているAndroidスマートフォンが「FLEAZ F4S」です。
このAndroidスマートフォンにはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約64ミリ、高さ約124ミリ、厚さ約9.2ミリ、重さ約106gです。
CPUはMSM8916クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで最大16GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約4インチIPS液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは急速充電に対応している1350mAhです。
こうしたAndroidスマートフォンにはオートフォーカスがついた約200万画素のアウトカメラと約30万画素のインカメラが搭載されています。”

Make a comment

Androidスマートフォンの「ARROWS M01」とは?

“スマートフォンを初めて使う人でも分かりやすいシンプルなホーム画面でどんな瞬間でも美しく撮れる高性能カメラを搭載し、安心して使用できる防水・防塵機能や大容量バッテリーなども搭載しているAndroidスマートフォンが「ARROWS M01」です。
このAndroidスマートフォンにはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約67ミリ、高さ約138ミリ、厚さ約10.9ミリ、重さ約153gです。
CPUはMSM8926クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで最大32GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約4.5インチ有機ELディスプレイを搭載していてバッテリーは2500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなAndroidスマートフォンにはLEDフラッシュライトがついた約800万画素のアウトカメラと約130万画素のインカメラが搭載されています。”

Make a comment